キモッ?!舌苔(舌が白くなる)の原因ってなに?女の口臭予防7選!

「何だか口の中がスッキリしなくて鏡を見てみたら、舌が真っ白!これって病気?」こんなふうに驚いた経験、あなたにもありませんか?

舌が真っ白になっていると、口の中がスッキリしないだけでなく、口臭も気になることが多いですし、とても気になりますよね。

 

このように、舌に付着したものを舌苔(ぜったい)と言いますが、一体どのような時に出来るものなのでしょうか。

 

避けられるものなら避けたいものですが、舌苔を出来ないようにする方法はあるのでしょうか。

「気になるけど、どうやってケアしていいかわからない」という声もよく聞かれる舌苔、原因や対策を追究して悩みを解消します!

 

舌の上の真っ白・真っ黄色なものの正体に迫る!舌苔ってなに?

舌苔とは、食べかすや代謝で剥がれ落ちた上皮細胞、口腔粘膜、細菌を口腔内に存在する常在菌が分解してできたものを指します。主にタンパク質から構成されています。

乳製品など、タンパク質が多いものを食べた時などに、舌が全体的にべったりと白色や黄色(場合によっては茶色などの色にも)になることがありますが、これが舌苔です。

 

舌苔はどんな人にでも起こり得るものなので、特に病気が隠れているとか、そういったことはありません。

 

舌が正常に機能している証拠とも言えるので、一時的に発生する分には、必要以上に心配する必要もありません。

とは言っても、放っておくと口臭の原因ともなり得るため、できるだけきれいに除去しておきたいものです。

 

体調不良は舌にも現れる……舌苔が出来る原因は?

体調不良は舌にも現れる……舌苔が出来る原因は?

舌苔は、以下のような時に発生しやすくなります。

  • 疲れていたり、ストレスを抱えている時
  • 不規則な生活を送っている時
  • 胃腸が疲れている時
  • 喫煙している時
  • 体調を崩している時(免疫力が低下している時)
  • 唾液の分泌が減り、口の中が乾燥している時
  • 胃炎や便秘、膀胱炎などの不調を抱えている時
  • 抗生物質を服用している時

仕事で忙しいと、食事のバランスが偏ったり、睡眠不足になったりすることはよくありますよね。

これまであまり気にすることもなかったかもしれませんが、舌苔は意外と発生しやすいものなのです。

 

舌苔が出来てしまった時は、この方法で!7つの有効な対策法

舌苔7つの有効な対策法

先ほど触れたように、舌苔は意外と簡単に出来るものなので、気をつけていても避けられないこともあります。

口臭も気になりますし、できるだけ早く解消したいものですよね。

舌苔が出来た時には、以下のような対策が有効です。

 

舌ブラシを使ってキレイにする!

「舌ブラシって、歯ブラシで代用しちゃダメなの?」と思われたかもしれませんが、硬い歯を磨く歯ブラシだとやや硬すぎます。

柔らかい舌を歯ブラシでゴシゴシ擦ってしまうと、舌苔を取るどころか、舌を傷つけてしまう恐れもあります。また、舌苔を取り除きすぎてしまうと、味覚障害を招くこともありますし、舌苔が悪化してしまう恐れも。

そういった事態を避けるためにも、舌磨きの時はやはり舌ブラシを用いることをおすすめします。

 

舌を上あごに擦りつける!グリグリやるのは注意

この方法は特に道具を準備する必要もないので、最も手軽で舌を傷つける心配もなく安心かもしれませんね。

舌を動かすことで唾液の分泌が促され、口の中を清潔にすることができるという付加的なメリットもあります。

 

ハチミツを舐めて舌苔予防!糖分補給!

ハチミツには、タンパク質を分解する酵素・プロテアーゼが含まれています。

この酵素が、舌苔を溶かしてきれいにしてくれます。

舌苔が気になる時に、小さめのスプーン1杯程度を口に含んでみると良いでしょう。

あくまで民間療法の一つにすぎないとは言われていますが、ハチミツには口内炎を改善したり、口腔内を清潔にしてくれる効果も期待できます。

 

手軽で簡単!重曹でうがいをする

コップに半分ほど水を入れ、そこに小さじ1/2程度の量の重曹を溶かし、うがいをしましょう。

むし歯などの原因になる細菌は、口の中が酸性になると活発になります。

重曹は弱アルカリ性なので、食事などで酸性になった口の中を中和し、舌苔を取り除く、口臭を防ぐなどの効果が期待できます。

 

ムチンを含む食べ物を意識して食べる!

ムチンとは山芋やオクラ、なめこなどのネバネバのもととなっている成分です。唾液にも含まれているんですよ。

疲労回復や、胃や呼吸器などの粘膜を保護する、口の中の細菌の活動を抑えるなどの効果が期待できるので、身体全体、特に胃が疲れている時には大活躍の成分です。

 

アルカリイオン水を飲む

重曹のところでも触れましたが、むし歯の原因菌は酸性の環境下で活発になります。アルカリイオン水で中和すれば、そういった細菌の活動を抑え、舌苔も改善することができます。

胃の不快感も和らげてくれるので、こちらも胃が疲れている時にはおすすめです。

 

しっかりと身体を休める

舌苔だけでなく、身体に不調が出る時というのは、心身ともに疲れているという場合がほとんどです。早寝早起きで規則正しい生活を送りたいところですが、忙しいとそれもなかなか難しいですよね。

あまり頑張りすぎないで、「疲れたな」と思ったらいつもより1時間でも早く寝るなど、しっかりと休息を取るようにしましょう。

 

舌苔を予防するには?胃腸に優しく、自分に優しく

口臭を発生させないためにも、できるだけ出来ないようにしておきたい舌苔。予防策として、以下のようなことを心がけるようにしましょう。

  • 口呼吸をしないように意識する
  • 食事の時はよく噛む
  • ヨーグルトなどで乳酸菌を摂取する
  • 歯磨き・舌磨きを丁寧にする
  • 喫煙や飲酒はできるだけ控える
  • 胃腸に負担をかける食べ物・飲み物は控える
  • こまめに水を飲む
  • ストレスを抱えないようにする
  • 口腔ケア用品を使用する

唾液の分泌が減少して、口の中が乾燥すると、細菌が繁殖して舌苔も出来やすくなります。そのため、唾液腺を刺激して唾液の分泌を促す、水を飲んで口の中をうるおすといった方法が舌苔には効果的です。

 

ストレスを抱えていると唾液分泌の減少にもつながるので、適度に身体を動かしたりしてストレスを発散させるのも大切ですよ。

 

また、胃腸に負担をかけるのも良くないので、乳酸菌でケアしてあげる、負担をかけるものはできるだけ摂取しないようにすると良いでしょう。

あまり自分に鞭を打たないで、胃腸も自分の心身も労ってあげてくださいね。

 

まとめ

舌苔はどんな人にも見られるものなので、必要以上に心配することはありません。しかし、放っておくと口臭の原因ともなりかねないため、気づいた時にケアしてあげることをおすすめします。

ケアのしすぎは舌を傷つけて舌苔を悪化させてしまうなどといった恐れがあるため、舌ブラシは舌苔が気になる時だけ使用する程度でも良いでしょう。

普段は歯磨きを丁寧にしたり、水をこまめに飲んだりして、口の中を清潔に保つようにしましょうね。