今すぐ除去して口臭ともお別れ!絶対におわせない舌苔対策3選

「何だか口の中がスッキリしないな~」と感じたこと、ありませんか?

うがいや歯磨きをしてもスッキリしない感じが続く場合、もしかしたら舌の上に舌苔(ぜったい)ができているかもしれません。

 

特に大きな害を及ぼす存在ではないものの、放っておくと口臭の原因にもなり得ます。ここで解説する対策法を実践して、今すぐ息美人になりましょう!

 

一体何なの?舌苔(ぜったい)の正体とは

一体何なの?舌苔(ぜったい)の正体とは

舌の苔(こけ)と書いて舌苔と呼ばれるもの、ご存じでしょうか?

名前は知らなくても、舌がべったりと白や黄色になる、かき氷で赤や青のシロップのものを食べた後はその色になるなどの経験はきっとあるのではないでしょうか。

 

舌の表面は実際に見てみてもわかるように、真っ平ではなく、小さな無数のひだ(乳頭)で凸凹しています。

この凸凹の間に食べかすや口の中の粘膜が剥がれたもの、細菌の死骸などが挟まり、舌苔となっているのです。

 

舌が少し白くなっている分には、舌が正常に機能している証なので、無理に除去しようとする必要はありません。

不用意に歯ブラシでゴシゴシ磨いたりすると、硬い歯ブラシで舌を傷つけてしまうこともあるため、こうした対策は絶対にNGです!

 

効果的な方法で絶対舌苔除去!見逃せない対策3選

効果的な方法で絶対舌苔除去!見逃せない対策3選

舌苔対策として一番に挙げられるのは「舌ブラシで舌を磨く」ではないかと思います。

でも、舌ブラシも歯ブラシより柔らかいとは言え、力加減によっては舌を傷つける可能性もあります。

 

舌が傷つくと細菌に感染して口臭が悪化する、味を判断する味蕾(みらい)の機能が低下するなどのリスクもありますし、できればそうしたことは避けたいですよね。

実は、わざわざ舌ブラシを買わなくても舌苔対策は可能です!舌に優しい舌苔対策を早速始めましょう。

 

対策1・道具なしで簡単!上あごで舌を掃除

この方法は最も簡単!自分の上あごに舌をこすりつけて、上あごのザラザラで舌の汚れを取り除く、というものです。

舌ブラシのように舌を傷つける心配もないですし、特別に道具を用意する必要もないので、この記事を読んで(読みながらでも!)すぐ始められるとっても簡単な対策法です。

 

適度に舌を動かすとちょうど良い運動にもなり、唾液の分泌も促されるので口臭対策にも◎。

舌が疲れるほどする必要はないので、気づいた時にちょこっとやってみてはいかがでしょうか。

 

対策2・実は健康への効果抜群?ハチミツを舐める

お肉を柔らかくする方法の一つとして、ハチミツに漬けておくという方法があります。

これは、ハチミツにプロテアーゼというタンパク質分解酵素が豊富に含まれており、この酵素がタンパクの結合を柔らかくしてくれる、という仕組みです。

 

舌苔もほとんどがタンパク質なので、ハチミツを舐めることで、上と同様の仕組みで汚れを柔らかくし、舌から剥がれやすくしてくれます。

小さいスプーン1杯程度のハチミツを口に含んで、舌の上で転がすようなイメージで味わいましょう。

 

直接口臭には関係しませんが、ハチミツには以下のような効果も期待できます。

  • 咳止め
  • 口内炎の緩和
  • 整腸作用
  • 疲労回復
  • 高血圧予防
  • 免疫機能の維持

 

舌苔に効果的なハチミツは、加熱処理がされていない純粋なハチミツです。

安いハチミツだと他に甘味料などが加えられて、ハチミツがのばされてしまっていることがあります。

また、タンパク質分解酵素・プロテアーゼは60度以上になると機能しなくなり、それ以外に含まれる栄養素も加熱処理でほとんどが失われてしまうのです。

 

スーパーに行くと様々な種類のハチミツが売っていますが、舌苔除去の効果を期待するなら、きちんとハチミツを見極めなければなりません。

パッケージをしっかり見て、選んでみてくださいね。

 

対策3・口臭除去にも最適!唾液の分泌を促す

唾液は私たちの口の中を常にきれいにしてくれている必要不可欠な存在です。

唾液が十分に分泌されていれば、汚れが浮いて舌苔も作られないので、予防策としても効果が高いと言えます。

 

唾液の分泌を促すためには、具体的には舌をよく動かす、唾液腺をマッサージする、ガムを噛むなどの方法が挙げられます。

こちらも特に道具は必要ないので、手軽に始められるのではないでしょうか。

 

こんな色だったら要注意!舌苔で病気がわかる?

こんな色だったら要注意!舌苔で病気がわかる?

舌苔は、白以外の色にもなることがあります。

最初の項目でも触れたように、かき氷のシロップなど、色の濃いものに影響を受けて変化することもありますが、体の不調が舌苔に現れてくることもあります。

 

舌苔が黄色っぽくなっている場合は、慢性胃炎や胃酸過多、脂肪肝などの可能性が考えられます。

タバコの吸い過ぎや疲労、ストレスなどで黄色っぽくなることも。

 

また、黒っぽくなっている場合は、カンジダ菌の増加、副腎の病気などの可能性が考えられます。

必ずしも病気につながっているとは限りませんが、舌苔にこういった色が見られる時は、体調の変化にも注意するようにしましょう。

 

口臭の原因=舌苔とは限らない!気にしすぎはNG

口臭の原因=舌苔とは限らない!気にしすぎはNG

今までほとんど気にしていなかったのに、「大丈夫かな、臭くないかな?!」と心配になった途端に頻繁に舌をチェックして、一生懸命ケアするようになる……といったこともあるかもしれません。

急に気にしすぎると、それがストレスとなって口臭を更に悪化させてしまう可能性もないとは言えません。

 

普段の舌の状態をチェックしていなかったら、どの状態があなたにとっての”普通”なのか、見極めるのは難しいですよね。

口臭の有無に関わらず、歯磨きが終わった後などに舌の状態を見てみると、調子が良い時・悪い時の変化がわかりやすくなるのではないでしょうか。

 

また、舌苔が必ずしも口臭を引き起こしているとは限らない、ということも頭に入れておく必要があります。舌苔だけに固執しないようにしましょう。

舌苔のケアも大切ですが、歯や歯茎のケア、体調管理も怠らないようにしてくださいね。健康な体を目指せば、自然と口臭も落ち着いてくるはずです!

まとめ

まとめ

体には大きな影響を与えないとは言っても、口臭のリスクがあるというのなら舌苔を見逃すことはできませんよね。

こちらで紹介したように、舌苔は簡単な対策方法で除去することができるので、「舌苔が気になる」という時はぜひ試してみてくださいね!

 

また、舌苔の色が気になる時は、体調の変化にも注意しながら様子を見てみることをおすすめします。

普段からこまめに舌をチェックして、自分にとっての”普通”の舌の状態を覚えておくと、「何か違うかも?」と気づきやすくなるでしょう。