口から尿の臭い!?口臭がアンモニア臭の時に考えられる3つの病気

口臭というと、どれも同じで臭いことには変わりないと思われていますが、実際は臭さの中にもいろいろな種類があります。

特に、病気が原因で口臭が発生している場合は、甘酸っぱいにおいや魚が腐ったようなにおい、アンモニアの臭いなどがすることも。

今回は、口からアンモニア臭がする時に考えられる原因や対策などについてお伝えします。しっかり読んで、自分でも鼻をつまみたくなるアンモニア臭から解放されましょう!

 

食べ物以外にも原因が?病気と口臭の関係って一体?!

食べ物以外にも原因が?病気と口臭の関係って一体?!

口臭はニンニクやネギなど、においの強い食べ物を食べた時のみに発生すると思われているかもしれませんが、口臭が発生する可能性はそれ以外にもたくさんあります。

あまり知られていませんが、病気が原因で口臭が発生することもあります。

 

ここで言う“病気”には、むし歯や歯周病など、誰でもなる可能性のある身近な病気も含まれますし、口の中の病気が原因であることがほとんどです。

でも、少数ではありますが、体の中の臓器の不調が口臭(体臭の場合も)となって現れる可能性もあるのです。

 

口からアンモニア臭が!考えられる病気はこの3つ

口からアンモニア臭が!考えられる病気はこの3つ

中学生の頃など、理科の実験で登場することもあるアンモニア。アンモニア臭と言っても、ピンと来ないこともあるかもしれませんが、よく尿のにおいに例えられます。

口から尿のにおいがするなんて、想像しただけで自分でも鼻をつまみたくなってしまいますよね!

では、一体体にどんな不調がある時に、アンモニアのにおいがする口臭が姿を現すのでしょうか。

 

病気1:意外と身近な口の中の病気、歯周病

歯周病(歯槽膿漏)は、細菌感染によって起こる病気です。

歯と歯茎、その間の隙間が普段の歯磨きできちんと磨けていないと、口の中にたくさんいる細菌がたまって炎症を起こします。

 

痛みが出ることはあまりありませんが、放っておくと歯を支えている歯槽骨(しそうこつ)が溶けて、その上にある歯茎もどんどん下がってきます。

そうすると歯が支えられずぐらぐら動いてしまうため、最終的には抜歯により自分の歯を失うことになります。

お年寄りでもないのに、自分の歯を自分の不注意で失ってしまうなんて悲しくありませんか?

 

炎症を起こしている部分には、歯周病やむし歯の原因になる歯垢(プラーク)や食べかす、それ以外のゴマンといる細菌がたまっています。

それらからアンモニアをはじめ、卵が腐ったような硫化水素のにおいや、アセトンの甘酸っぱいにおいがするのです。

尿のにおいに卵が腐ったにおい、甘酸っぱいにおいが同時にしたら、ものすごい悪臭であることは容易に想像できますよね。

 

病気2:お酒の飲み過ぎ要注意!肝機能の低下

肝臓は、代謝を促す、脳のエネルギー源・ブドウ糖(グリコーゲン)を貯めておく、消化吸収を補助する胆汁(たんじゅう)を作るなどの働きをする臓器です。

また、アルコールなどを中和したり、疲労の原因である乳酸を糖に変えるなど、解毒作用も備えています。

 

通常、食べ物を消化する工程で発生するアンモニアも肝臓で分解され、その後尿となって排出されます。

でも、肝臓に何らかの疾患を抱えていると、アンモニアがうまく分解されず、血液に取り込まれて全身を巡ります

肺に取り込まれれば呼吸にのってアンモニア臭が口臭として現れたり、アンモニア臭のする汗をかいて体臭としても現れることがあります。

 

肝機能が低下する原因としては、以下のようなことが考えられます。

  • 喫煙
  • アルコールの大量摂取
  • ウイルスへの感染
  • 薬によるもの  など

特にアルコールの大量摂取を続けると、肝細胞を破壊してしまうので、お酒の量はきちんとコントロールするようにしましょう。

また、肝不全や肝硬変、肝臓がんなどでも肝機能は低下します。

 

病気3:生活習慣病などに注意!腎機能の低下

腎臓は、老廃物を体外に排出する、血圧や体液量などを調節する、血液を作る司令を出すなどの働きをしている臓器です。

肝臓同様、腎臓の機能が低下すると、アンモニアが分解されずに体内を巡り、口臭や体臭となって現れます。

 

偏った食生活や運動不足などで肥満になると、高血圧や糖尿病をはじめとする生活習慣病につながる、ということはよく知られているかと思います。

この生活習慣病も慢性腎臓病を引き起こす可能性があるので、念のため注意しておきましょう。

早いうちから健康的な生活を心がけていけば、生活習慣病のリスクなどは避けられますからね。自分でできることはしておきたいですよね!

 

慢性腎臓病は、ほとんど自覚症状が出ない病気です。

そのため、気づいた時にはその次の段階の“尿毒症”という状態に進んでしまっている可能性も。

この場合、アンモニア臭の口臭をはじめ、吐き気や食欲不振、倦怠感、頭痛、呼吸困難などの症状が見られ、更に症状が進むと昏睡状態に陥ることもあります。

 

今すぐ消したいアンモニア臭!口臭グッズで可能?

今すぐ消したいアンモニア臭!口臭グッズで可能?

病気が原因のアンモニアのにおいの口臭は、病気を治さないことにはもちろんなくなりません

放っておけばアンモニアのにおいが更にひどくなるか、体を壊してしまう可能性がありますので、できれば早めに歯医者や病院に行って診察を受けるのが一番です。

 

とは言っても、残念ながら病気は1日2日で治るものではありませんし、治るまでは臭~いアンモニア臭と付き合っていかなければならないことになるでしょう。

「アンモニア臭を今すぐ消したい!」という時は、マスクをする、良い香りのガムやマウスウォッシュをこまめに口にするなどして対策を取りましょう。

程度によっては気休めくらいにしかならない可能性もありますが、何もしないよりは良いはずです。

 

病気が原因で口臭が起きる可能性は低い。でも要注意!

病気が原因で口臭が起きる可能性は低い。でも要注意!

日本口腔外科学会のページには、以下のように書かれています。

病的口臭の90%以上は口の中にその原因があり、歯周病、むし歯(う蝕)、歯垢(しこう)「歯の周りに付く細菌の固まり」、歯石、舌苔(ぜったい)「舌の表面に付くコケ状の細菌の固まり」、唾液の減少、義歯(入れ歯)の清掃不良などがあげられます。

引用:日本口腔外科学会 口腔外科相談室

病気が原因となって発生する口臭を病的口臭と言います。

90%以上が口の中のトラブルが原因とのことですから、肝臓や腎臓の重篤な病気である可能性は残り10%とそんなに高い確率ではありません。

 

でも、特に肝臓は“沈黙の臓器”とも呼ばれていて、多少の不調では症状が現れにくく、目に見える症状(アンモニアの口臭も含む)が現れた時には病気がかなり進行している場合もあります。

こうやって書くと、怖くなって「どうしよう、重篤な病気かも!」とパニックになってしまうかもしれません。でも落ち着いてください。

病気で口臭が発生する可能性は、決して高くはありません。「じゃあ、そんなに脅かさなくても……」と思うかもしれませんが、万が一ということもあります。

 

不安であれば、一度病院を受診して、医師に診てもらうことをおすすめします。また、基本的な健康診断や人間ドッグなども、できれば定期的に受けておきたいですね。

「忙しくて自分の体調にまで気を遣っていられない!」と思うこともあるかもしれませんが、忙しい時こそ自分を労って、しっかり体調管理してあげましょう。

体が元気でなければ、仕事もプライベートも楽しめませんからね!

 

まとめ

まとめ

アンモニア臭の口臭には嫌な病気が潜んでいる可能性があるということがおわかりいただけたでしょうか。

おしっこのにおいを口から漂わせるなんて周りだけでなく自分も不快になること間違いなしですし、においは自分では気づきにくいものですが、もし気づいたらすぐに対応しましょう。

歯周病も放っておくと大変ですが、万が一肝臓や腎臓の病気であった場合は治療も大変になりますからね。